共済金の支払い

 3万円以上または共済価額の1割を超える損害の額に対し支払います。
 
 施設内農作物の損害の算出は、損害程度、生育ステージ等を考慮して算出します。ただし、病虫害の場合は分割割合※を適用し、収穫期間おおむね7割までのものについて算出します。
 
 共済金が支払われても全損以外について、特定園芸施設(施設本体と被覆物)等が復元されれば共済金額は減額しません。
 
※分割割合:病虫害の種類により損害割合を減じるもの