本文へ移動

加入方式

 果樹共済にはいろいろな加入方式があります。本県では以下の加入方式を推進しています。

半相殺方式

 農家ごとに樹園地の果実の減収分のみにより損害を把握する方式
加入方式
補償割合の選択範囲
共済金支払いとなる割合
減収総合方式
短  縮
7~6割
3割を超える被害
特定危険方式
ひょう害
8~6割
2割を超える被害

樹園地単位方式

 樹園地ごとに果実の減収分のみにより損害を把握する方式

加入方式
補償割合の選択範囲
共済金支払いとなる割合
減収総合方式
短  縮
6~5割
4割を超える被害
TOPへ戻る