本文へ移動

補償の内容

 共済金額は、共済価額の20~80%(肉豚は40%~80%)で選択できます。

 

 なお、包括共済関係にあっては、家畜の飼養頭数が増加したことにより付保割合が低下したときは、共済金額の増額を請求することができます。

TOPへ戻る