収入保険制度

収入保険制度の具体的な仕組み

 収入保険制度は、品目の枠にとらわれず、自然災害による収量減少だけでなく、価格低下なども含めた収入減少を補填する仕組みです。主な内容は、次のとおりです。
 
 
青色申告を行っている農業者(個人・法人)が対象です。
 
※ 5年以上の青色申告実績がある者が基本ですが、青色申告(簡易な方式を含む)の実績が1年分あれば加入できます。
 
 
当年の収入が基準収入の9割(5年以上の青色申告実績がある場合)を下回った場合に、下回った額の9割(支払率)を補填します。
 
※ 基準収入は、農業者ごとの過去5年間の農産物の販売収入の平均(5中5)を基本とし、規模拡大など当年の営農計画等も考慮して設定します。

※補償限度額及び支払率は複数の割合から選択できます。

※ 「掛捨ての保険方式」に「掛捨てとならない積立方式」も組み合わせるかどうかは選択できます。
 
 
農業者は、保険料・積立金を支払って加入します。(任意加入)

※ 保険料は掛捨てになります。保険料率は、今後変更があり得ますが、現時点の試算(補償限度8割)では1%(50%の国庫補助後)です。

※ 積立金は自分のお金であり、補填に使われない限り、翌年に持ち越されます。75%の国庫補助があります。
 
 
※ 収入保険制度と農業共済やナラシ対策などの類似制度については、どちらかを選択して加入することになります。

収入保険制度の補塡方式

基準収入が1,000万円の農業者が、補償限度9割(8割が保険方式+1割が積立方式)、支払率9割を選択した場合の試算
 農業者が用意すべきお金
 
   保険料は   72,000円(掛捨て)
 
   積立金は 225,000円(掛捨てではない)
 
    合 計   297,000円
※ 保険料は掛捨てになります。積立金は自分のお金であり、
 補塡に使われない限り、翌年に持ち越されます
※ 農業者は保険料・積立金とは別に、事務費を支払います